乾燥に負けないベースメーク作り

どんどん冬に近づいてきて気になるのが乾燥ですよね。
乾燥がひどくなるとせっかく頑張ってメイクをしようとしても
ファンデーションが粉吹いてしまって、かえって肌が汚く見えてしまってなんてこと
1度はありますよね。

でもそんな冬の乾燥にも負けないベースメークの作り方があります。
今からでも間に合うので是非ファンデーションが粉吹いてしまい困っている方はメモしてくださいね。
●基礎化粧品を塗ってから5分はあけてメイクを始めましょう。

化粧水・乳液等を塗ってからいざメイクに入ろうと思っても
水分がまだ蒸発しきれていないので、すぐにメイクをしてしまうと
顔がベタベタになってしまい、メイクがすぐ崩れてしまいます。

ですが、時間をあけてすぎてしまってもまた乾燥しすぎてしまうので
5分後くらいにメイクを始めましょう。
●ファンデーションの厚塗りは厳禁

乾燥が気になるのでついついファンデーションを厚く塗ってしまいますが、
塗れば塗るほど乾燥してくるとファンデーションが粉吹いてしまいます。
なので適度な量を塗ることによってきれいなベースメークが作れます。

ベースメークは力を入れましょう!

メイクをする時にどこに力を入れますか?
ほとんどの方がアイメイク、眉毛、唇と答えると思いますが、
男性が女性のメイクで見るポイントというのはなんといっても肌です。
どの雑誌でのアンケートでもほとんどの男性は肌を見ていると答えています。
何故かと言うと肌はその人の鏡みたいなものであり、生活習慣が悪かったり、
ストレスが溜まっているとどうしても肌は悪くなってしまいます。
肌を見ればその人が言われると言われるほどです。
きれいな肌に見られるためもベースメークには力を入れましょう。

ベースメークがうまく出来れば、色が白くて肌が美しい女性はか弱さ、可愛くて俺が守ってあげたいと思われるはずです!

ベースメークとは化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーですが、
塗りすぎたり、ムラができてしまうときれいな肌には見られないので、
肌が綺麗に見えるベースメーク術をしっかり会得してくださいね。

また、たまに肌が白くなりたいからといって選ぶメイク品を白いものを選んでしまって
自分の首との色の差が出てしまい、浮いてしまうので注意しましょう。

 

コメントを残す